misc

スマホ版Facebookアプリでタイムラインを使えるようにする方法(PCを使わない方法)

以前に、

スマートフォン用Facebookでタイムラインが適用されていない場合

を書いたのですが、その後、多くの方に、アクセスいただいております。ありがとうございます。

アクセス数ですが減るどころか、逆に増えていることから、きっと、まだ、多くの人がFacebookのスマホアプリでタイムラインを使えていないのだと推測します。

少し時間も経ちましたので、あらためて、スマホ版Facebookアプリでタイムラインを使えるようにする方法について調べてみました。
続きを読む

【覚書】PHPでフォームから入力された文字列の先頭・末尾の全角半角スペースを取り除く方法

最近フロントエンドの記事が多かったため、サーバー側のプログラム処理について書きます。

フォームから入力されたテキストをプログラムの処理に渡す前に、不要なスペースを取り除いておかないと、ユーザーが意図した動きをしないことがあります。

「 コネクト」「コネクト  」「 コネクト WEB 」

のように入力された場合です。いたずら目的で入力されたり、どこかのサイトから部分的にコピペしたような場合でしょうか?

入力された文字列をそのまま表示したり、登録するような場合はいいのですが、例えば、入力された文字列で、DBの検索をかけたり、APIにクエリとして投げるような場合には、先頭・末尾のスペースは取り除いてテキストの部分のみ渡します。

必要な処理

  • 先頭と末尾のスペースを削除する
  • 全角・半角のスペースどちらとも削除する
  • 複数のテキストの間のスペースは削除しない
$query = $_POST['data'];

で入力値を$queryにセットしておきます。
※$_POSTの部分は、$_GETや$_REQUESTの場合もアリ。
※ここで、htmlspecialcharsなどで、XSS対策をしておく方がいいです。

先頭・末尾の半角スペースの削除はtrim関数で

$query = trim($query);

これで、半角のスペースの対応はOKです。

先頭・末尾の全角スペースは正規表現を使って置換

以下、文字コードがUTF-8を前提とした処理です。

preg_replace()のマッチングのための正規表現で、「 (全角スペース)」を指定する方法。

$query = preg_replace('/^[\s ]*(.*?)[\s ]*$/u', '\1', $query);

あるいは、マルチバイト関数のmb_preg_replace()のマッチングのための正規表現で、「 (全角スペース)」を指定する方法。

mb_regex_encoding('UTF-8');
$query = mb_ereg_replace('^[\s ]*(.*?)[\s ]*$', '\1', $query);

いずれかの方法で全角スペースも取り除くことができます。

【HP制作事例紹介】ナビゲーション、UIの見直しによるコンバージョン数の改善

HPの成果を改善する方法で、リスティング広告やSEO対策でPVを増やすことで最初の訪問者数を増やす方法がありますが、それ以外にも、既存のページの見直しを行い、UIやナビゲーションの改善を行うことで、離脱率の低下、回遊率の上昇、コンバージョン数の増加につなげることが可能です。

今回、クライアント様より、このようなご相談をいただき、いくつかの対策を実施、改善することができました。

残念ながら契約上の制限から、具体的なURLなどをご紹介できないのですが、実施内容については公開OKいただきましたので、ご紹介します。
続きを読む

WEBディレクターは気づいてる、データの扱い方でわかるデザイナー、コーダーのスキルレベル

WEB制作のディレクションをしていると、いろいろなデザイナーさんやコーダーさんと仕事をする機会がありますが、本当に個々のスキルというのはまちまちです。
社内で気心の知れた、力量のわかる人と一緒にする場合はいいのですが、誰かの紹介であったり、ディレクションの部分だけ任されて、制作部隊は決まっていたりと自分の権限で選ぶことができないこともあります。

そういうときに、一緒に仕事をしていく中で、ちょっとした部分で、その人の経験が豊富か、浅いか、普段から勉強しているかどうかわかってしまうことがあります。

渡されたデータを見て、不要なものが入っていたり、確認もれがあったり。デザインそのものやコードの中身だけではなく、データの扱い方でわかることがあります。

そんな事例をピックアップしてみました。実際に私がこれまでに経験したことのある事例です。
続きを読む

2012年の金環食を見ながら考えた多様性について

2012年5月21日朝。20年ほど前に、ドリカムの『時間旅行』の歌詞、「金環食」をそのとき一緒に口ずさんでいた女性とその人との間にできた2人の子どもと実際の金環食を見て思ったこと。

同じ時間、同じ太陽を同じ日本で見ているはずなのに、鹿児島、和歌山、大阪、名古屋、静岡で欠けている状況が違うし、川崎と隣の都内でさえ、雲のかかり具合で違って見えている。

ドリカムの曲を知っている私達と、そんなことを聞いても「ふ~ん」くらいにしか思わないうちの子ども。

同じものを見ているつもりでもどこを見ているか、どう見ているかというのは、個々のバックグラウンド、置かれている状況で全く違っているということ。

Eclipse 2005-10-03 / Miguel GR

続きを読む

大人買い商品の検索サイト「おとな買い計画ドットコム」リリースしました

突然ですが、大人買い・箱買い・まとめ買い・セット買い商品の検索サイト
おとな買い計画ドットコムリリースしました。

フリーランス転向後、何かオリジナルのWEBサービスの開発をしたいと考えていました。
「おとな買い計画ドットコム」は、その1stリリースです。

裏話というほどではありませんが、リリースにたどり着くまでのエピソードやサイトに込めた思いについて書いてみたいと思います。

続きを読む

Twitter Bootstrapの習得にはドットインストール+公式サイトが最適

ドットインストール

最近にお気に入りのTwitter Bootstrap。その名の通り、Twitter社が開発しているCSSフレームワークです。

レイアウト(イマドキのレスポンシブデザインにも対応)、テーブルやフォームのボタンのスタイリング、ナビゲーション、メニューのユーザービリティの強化に威力を発揮します。

また、CSSでの記述なのでデザイン制作の作業の省力化にも効果があります。

CSSを理解している人なら、簡単に、短期間で習得できます。基本的な部分なら、おそらく、半日で大丈夫ではないかと。(※ツールチップやポップアップなど、一部でjQueryの知識もあるといい機能もあります)

とにかく、CSSを書けば、かっこいいボタンやメニューが設置できるので、次のような人にはおすすめです。

続きを読む

Twitter BootstrapをWordPressで使ってみる (プラグイン初期設定と表示サンプル)。意外と簡単かも!

最近、個人的に最も注目のTwitter Bootstrap。
レスポンシブWEBデザイン対応(つまり、スマホサイト対応)、ページレイアウト、ボタンデザイン、UI、ナビーゲーションメニューの制作、特にデザインに関しては決まったスタイルから設定していけばいいので、開発時間の短縮に大いに役立ってくれています。

これまでは、サイトを一から立ち上げるときに、使っていたのですが、どうやら、Wordpressでも使えるようで、対応プラグイン見つけました。


WordPress Twitter Bootstrap CSS

こちらをインストールして、動作確認や使い方を確かめてみました。
続きを読む