Google広告の理解度テスト(問題数・試験時間・合格ライン)2019年6月

Google広告の理解度テスト、問題数・試験時間・合格ラインの情報ですが、検索エンジンで探すと、古い情報にヒットしやすいので、整理してみます。
2019年6月6日時点の情報です。

Google 広告の基礎の理解度テスト

出題範囲 オンライン広告掲載や Google 広告の利点をはじめ、Google 広告のキャンペーンの管理や最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と中級レベルの知識が試されます。
問題数 65問
試験時間 90分
合格ライン 正解率 80% 以上
再受験 不合格の場合は、1日後から再受験可能。

検索広告の理解度テスト

出題範囲 検索ネットワークで配信する検索広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。
問題数 100問
試験時間 120分
合格ライン 正解率 80% 以上
再受験 不合格の場合は、1日後から再受験可能。

ディスプレイ広告の理解度テスト

出題範囲 ディスプレイ キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、高度な知識が試されます。
問題数 100問
※私が受験した際は、102問でした。
試験時間 120分
合格ライン 正解率 80% 以上
再受験 不合格の場合は、1日後から再受験可能。

モバイル広告の理解度テスト

出題範囲 広告のフォーマット、単価設定、ターゲティング、キャンペーンの測定や最適化などが含まれ、モバイル広告の基礎と高度な知識が試されます。
問題数 70問
試験時間 90分
合格ライン 正解率 80% 以上
再受験 不合格の場合は、1日後から再受験可能。

動画広告の理解度テスト

出題範囲 YouTube やウェブに配信する動画広告キャンペーンの作成、管理、測定、最適化に関する効果的な設定方法などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。
問題数 74問
試験時間 90分
合格ライン 正解率 80% 以上
再受験 不合格の場合は、1日後から再受験可能。

ショッピング広告の理解度テスト

出題範囲 Merchant Center アカウントと商品データフィードの作成、ショッピング キャンペーンの作成と管理などが含まれ、基礎と高度な知識が試されます。
問題数 63問
試験時間 90分
合格ライン 正解率 80% 以上
再受験 不合格の場合は、1日後から再受験可能。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.