10秒でできるWPtouch設定画面の日本語化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
日本語の画面

パソコンの設定やソフト、WEBサービスの設定は、デフォルト設定でもある程度は使えますが、自分の好みや使い方に合わせてカスタマイズすると手になじみやすく、省力化もできて便利です。
WordPressもさまざまなプラグインを導入することで、強化が可能です。
ただ、海外で作られたプラグインも多く、設定画面が英語だとそれだけで拒否反応示してしまい、なかなかその先まで進めないということもあると思います。
プラグインの中には英語の表示設定も用意されているものもありますので、そのようなプラグインはぜひ、日本語表示に変更して使っていただきたいと思います。

WordPressにWPtouchプラグインを導入すると初期設定では、管理ツールの画面が英語表記になっています。

また、WordPressをロリポップで運用されている方も非常に多いですが、簡単インストール機能でWordPressのインストールを行うと、WPtouchのプラグインも何の設定も行わずにインストールされます。

この場合も、英語表記のままになっています。これを日本語化するとどこで何を設定するかわかりやすくなりますので、ぜひ、日本語設定に変更することをおすすめします。

ダッシュボードの設定で変更

WPtouchをインストールしていると、WordPressの管理画面の左メニューで[設定]をクリックすると、その下に「WPtouch」が表示されるのでクリックします。
そうすると、WPtouchの管理画面が表示されます。
初期状態では、英語表示になっていますので、これを変更します。
General Settingsの「Regionalization Settings」の「WPtouch Language」の言語の一覧で、一番下の「Japanese」を選び、一番下の、[Save Options]ボタンをクリックして設定を保存します。

Japaneseを選択

これで、設定画面が日本語に変わります。
日本語の画面

もっとカスタマイズしたい気分になってきませんか?

次の世界が広がってきたように思いませんか?
ぜひ、日本語化した設定画面で、自由にWPtouchのカスタマイズを行ってください。

たった10秒ほど時間をかけて設定してみるだけで、可能性が大きく開けてくる感じがします。

【関連記事】
WPtouchのテーマをカスタマイズしてGoogle Adsenseを表示する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.