URLで単語の区切りに使う記号は「_」と「-」どちらがSEO的にいいか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SEOの手法の1つに、「URLにキーワードを埋め込む」というものがあります。

Google ウェブマスターセンター
「Google と相性の良い URL の作成」のページ
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?hl=jp&answer=76329

一部、引用すると

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的 かつ人間が理解できる方法 (可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用) で URL を構成できるよう、 コンテンツを分類します。

特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

IDなどのパラメーターはなるべく使用しないで、分かりやすいURLが好ましいということです。

URL に区切り記号を使用します。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア (_) ではなくハイフン (-) を使用することをお勧めします。

とあります。「green-dress」とすると、「green」「dress」を別々のキーワードとして認識するようです。
ここでは、言及されていませんが、「green_dress」とした場合、「green_dress」という1つのキーワードとして認識すると読み取れます。

Googleでは、URLには、「_」よりも「-」を使って、キーワードを正しく通知すると効果があると思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.