Google Analyticsで特定IPアドレスからのアクセスを除外する設定方法(2012/7/24確認)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Google Analyticsの設定で、関係者のアクセスをカウントから除外したいのだけれど、どうすればよいか?

という質問を最近もらいました。

Goole AnalyticsのUIはかなり頻繁に変わるため、WEBで検索してみても、古い情報が多くてなかなか見つけられなかったそうです。

というわけで、関係者のアクセス(特定IPアドレスからのアクセス)を除外する方法についてです。

1.Google Analyticsにログイン

Google Analyticsにログインし、設定を行いたいアカウントを選択後、右上の[アナリティクス設定]をクリックすると、設定画面になります。

2.プロファイルのフィルタを選択

「プロファイル」「トラッキングコード」「プロパティ設定」「ソーシャル設定」のうち、一番左の「プロファイル」を選択し、
タブメニューの「フィルタ」をクリックします。

3.フィルタを作成

[+新しいフィルタ]ボタンをクリックして、除外するためのフィルタを作成します。

4.除外するIPアドレスの登録

「フィルタ情報」の設定を行います。

「フィルタ」が1つの場合は「フィルタ名」にこだわる必要は、ありませんが、複数のフィルタを設定する場合は、わかりやすい名前を付けた方がよいでしょう。

「フィルタの種類」は、「既定のフィルタ」で、フィルタの方法は、左から、
「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」にします。

フィルタの対象をIPアドレスにした場合、IPアドレスの入力欄が現れますので、除外するIPアドレスを設定し、一番下の[保存]ボタンをクリックします。

以上で完了です。フィルタは複数設定可能ですので、HP運営会社や制作会社といったように、複数箇所のIPアドレスを除外する必要がある場合は、3,4の方法で複数のIPアドレスやドメイン名を設定して除外します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. kankeri02 より:

    参考にさせて頂きました。

    1. admin より:

      お役に立ててよかったです!

コメントを残す

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.