iPad,Androidタブレットを除いてスマートフォンサイトとPCサイトを切り分ける方法

サイトのトップのURLにアクセスしたとき、デバイスの種類を判別して、PC用のサイトとスマホ用サイトに切り替える方法です。

今回は、.htaccessファイルを使っての対応です。.htaccessファイルを使いますので、お使いのWEBサーバーがApacheを使用していることが前提です。

http://www.hogehoge.jp/

が共通のURLで、HPのトップへのアクセスがあったときに、スマートフォンからのアクセスの場合は、

http://www.hogehoge.jp/sp/

へリダイレクトする処理です。

続きを読む

WordPressを3.4に更新したら管理画面が英語になったりならなかったり問題の解決策

2012年6月15日。WordPressのバージョン3.4がリリースされたので、喜び勇んでアップデートしたところ、問題発生。

管理画面のメニュー表示が英語になったり、逆にならなかったりで、日本語化の問題かなと思い、WP Multibyte PatchをVer.1.6.1に上げたものの改善されず。

その後、言語ファイルが原因かもと思い、高速化のために入れているMO Cacheも疑ってはいたのですが、ただ、ブログの公開画面では特に支障がなかったため、放置していました。

そして、2012年6月27日。

MO Cacheを2.0にアップデートしたら、あっさり、問題解決しました。

もし、同じ現象でお悩みの方は、MO Cacheをアップデートしてください!!

Google日本語入力が誤用を指摘するようになりました

ATOK2012とGoogle日本語入力の使い分けをしている、渡辺(@konnec_kollect)です。

6/22にリリースされたGoogle日本語入力の最新版で、変換時に、誤用を指摘するようになりました。

Google Japanのブログより
Google 日本語入力の安定版をアップデートしました (1.5.1109.x)

「ふいんき→雰囲気」のような、一般に幅広く知られている誤読を「もしかして」の形で提示する機能を追加しました。

「雰囲気」に変換するために、読みを「ふいんき」と入れて、変換した場合は
「<もしかして:ふんいき>」と表示されます。

続きを読む

長年悩まされ続けている鼻炎(アレルギー)の検査をしました

本日は、技術的な話ではなく、大切な身体のこと、健康について。

20歳を過ぎた頃から、鼻炎に悩まされ続け、早20年。

その間、何度か耳鼻科にかかったものの、運悪く、正直やぶ医者にかかってしまったトラウマもあって、なかなか、ちゃんと検査しないでいました。

フリーランスとなって、体調管理には十分気をつけないといけないのですが、この鼻炎だけは、予防しようがない感じなので、ここ数年お世話になっている、耳鼻科でアレルギー検査を受けました。

続きを読む

同級生が思い出させてくれたFacebookの原点

休日は、ブログなども休みにして、オン/オフを切り替えているつもりなのだけれど、今日は、軽く書きたいことがあったので、自分のカタルシスのために。

Facebook、大好きで、仕事中でもタブに常時開いていたり、電車で移動中でも、ニュースフィードを追っかけたりしているのだけれど、ちょっと、依存症では?と思えたりもして。
簡単に自己分析すると、自分の知人の場合、仕事関係の人が多く、ITの新しい話題に敏感な人も多数。
自分が気になっているような分野、ソーシャルメディアだったり、スマホやWEB関連、プログラミング、デザインの情報をシェアしてくれるので、それを絶えず追っかけて、ときには、コメントも入れてというような感じ。

ちょっと、追われている感じもしていたところ、少し、考え直そうと思う出来事があったので、記しておく。
続きを読む

スマホ版Facebookアプリでタイムラインを使えるようにする方法(PCを使わない方法)

以前に、

スマートフォン用Facebookでタイムラインが適用されていない場合

を書いたのですが、その後、多くの方に、アクセスいただいております。ありがとうございます。

アクセス数ですが減るどころか、逆に増えていることから、きっと、まだ、多くの人がFacebookのスマホアプリでタイムラインを使えていないのだと推測します。

少し時間も経ちましたので、あらためて、スマホ版Facebookアプリでタイムラインを使えるようにする方法について調べてみました。
続きを読む

WordPressのタイトルやカテゴリ名などの英字が勝手に全部大文字に変えられてしまう場合の対策

WordPressで海外のテーマをそのまま、あるいは、カスタマイズして使っていると、自分が入力したときには大文字小文字意識して入力していたのに、実際に表示されている状態を確認するとすべて、大文字に変えられてしまうことがあります。

これは、テーマのstyle.cssで大文字にするように指定しているためです。

このような場合に、入力した通りに表示されるようにするための対処方法です。

続きを読む

【覚書】PHPでフォームから入力された文字列の先頭・末尾の全角半角スペースを取り除く方法

最近フロントエンドの記事が多かったため、サーバー側のプログラム処理について書きます。

フォームから入力されたテキストをプログラムの処理に渡す前に、不要なスペースを取り除いておかないと、ユーザーが意図した動きをしないことがあります。

「 コネクト」「コネクト  」「 コネクト WEB 」

のように入力された場合です。いたずら目的で入力されたり、どこかのサイトから部分的にコピペしたような場合でしょうか?

入力された文字列をそのまま表示したり、登録するような場合はいいのですが、例えば、入力された文字列で、DBの検索をかけたり、APIにクエリとして投げるような場合には、先頭・末尾のスペースは取り除いてテキストの部分のみ渡します。

必要な処理

  • 先頭と末尾のスペースを削除する
  • 全角・半角のスペースどちらとも削除する
  • 複数のテキストの間のスペースは削除しない
$query = $_POST['data'];

で入力値を$queryにセットしておきます。
※$_POSTの部分は、$_GETや$_REQUESTの場合もアリ。
※ここで、htmlspecialcharsなどで、XSS対策をしておく方がいいです。

先頭・末尾の半角スペースの削除はtrim関数で

$query = trim($query);

これで、半角のスペースの対応はOKです。

先頭・末尾の全角スペースは正規表現を使って置換

以下、文字コードがUTF-8を前提とした処理です。

preg_replace()のマッチングのための正規表現で、「 (全角スペース)」を指定する方法。

$query = preg_replace('/^[\s ]*(.*?)[\s ]*$/u', '\1', $query);

あるいは、マルチバイト関数のmb_preg_replace()のマッチングのための正規表現で、「 (全角スペース)」を指定する方法。

mb_regex_encoding('UTF-8');
$query = mb_ereg_replace('^[\s ]*(.*?)[\s ]*$', '\1', $query);

いずれかの方法で全角スペースも取り除くことができます。

【HP制作事例紹介】ナビゲーション、UIの見直しによるコンバージョン数の改善

HPの成果を改善する方法で、リスティング広告やSEO対策でPVを増やすことで最初の訪問者数を増やす方法がありますが、それ以外にも、既存のページの見直しを行い、UIやナビゲーションの改善を行うことで、離脱率の低下、回遊率の上昇、コンバージョン数の増加につなげることが可能です。

今回、クライアント様より、このようなご相談をいただき、いくつかの対策を実施、改善することができました。

残念ながら契約上の制限から、具体的なURLなどをご紹介できないのですが、実施内容については公開OKいただきましたので、ご紹介します。
続きを読む