misc

今一度確認。Google Maps APIの利用上限

Internet Watchでは
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111028_487036.html
こんな感じで、さらりと、Google Maps APIの課金についてのニュースを扱っていました。

 米Googleは27日、Google Maps APIの利用者に対して課金する方法の詳細を発表した。
 Googleは、Google Maps APIの利用規約を今年4月に改定し、10月1日から同APIの利用上限を定めることを発表していた。
 現時点で利用上限を超過しても、即座に課金されることはない。利用者には、APIの利用状況を確認する期間が与えられる。その上で、利用上限を超えている場合には「2012年初めごろ」から強制的に課金されるとしている。その場合は、最低30日前に通知されるとしている。

じゃあ、「利用上限」って一体、何をどのくらい超えてしまうとダメなの?
ということで、Google Maps APIの利用規約を見直してみることにしました。
実際の利用規約ページは英語、文章も長いので、Google先生が要約してくれているAPIキー登録ページのご紹介です。

http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/signup.html

「Maps API を使用することで発生する 1 日あたりのページビューに制限はありません。」
「許容されるジオコード リクエストの数には、1 日あたりの上限があります。」

ということで、ジオコードのリクエスト数が問題の模様。更にリンク先を見ると、

1 つの IP アドレスから 24 時間以内に送信されるジオコード リクエストが 2,500 件を超える場合や、1 つの IP アドレスから送信されるジオコード リクエストの頻度が高すぎる場合、

とあります。ジオコード関係のAPIを叩いている場合は、利用状況を確認する必要があるということみたいです。

Amazon Product Advertising APIの仕様が変更に

Amazon Product Advertising APIの仕様が10/26に変更になるそうです。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/main.html?ref_=pe_9502_26347112

Associate Tag パラメータ: 全てのAPIへのリクエストにおいて、有効なAssociate Tagが必須。
有効なAssociate Tagを含まない全てのリクエストはエラーとなり、エラーメッセージが表示される。

SellerLookup, SellerListingLookup および SellerListingSearch はサポート終了。

ItemSearch リクエストの結果として返されるItemPage パラメータは、最大10ページまでに制限。

MerchantId パラメータは、オファー、バリエーションおよび検索結果の絞り込み要素としてのサポートを終了。

Offers および ItemAttributes レスポンスグループにおいて返されるデータは、最も頻繁に使用される属性に制限。

と、取得できるデータが制限、縮小になるという変更の模様。

Amazonさんより

仕様変更に先立ちProduct Advertising API開発者のみなさまに余裕を持ってご準備頂けるよう、実際の変更内容を体験頂く機会をご用意いたしました。
日程は下記となります:
■2011年10月19日(水)午後3:00 – 午後7:00
期間中は仕様変更後と同じオペレーションおよびレスポンスグループを体験頂くことができます。

との連絡をもらったので、試してみようと思う。

ColdFusion9の体験版をダウンロードするには

※5/13 現在、
https://www.adobe.com/cfusion/tdrc/index.cfm?loc=jp&product=coldfusion
からColdFusion体験版ダウンロードできるようになりました。

以下、5/12 18:30時点での情報です。

とあるシステムの評価のために、ColdFusion9が必要になったため、Adobeのサイトにアクセス。

http://www.adobe.com/jp/products/coldfusion/

体験版をダウンロードするため、右上の「体験版」「無償のデベロッパー版」をクリックしたところ、
http://www.adobe.com/cfusion/tdrc/index.cfm?product=coldfusion&loc=ja_jp
に飛ばされ、
「このURLは存在しません。」と言われてしまいました。

というわけで、アメリカ本家サイトでチャレンジです。

https://www.adobe.com/cfusion/tdrc/index.cfm?product=coldfusion

無事、アクセスできました。

アメリカのサイトですが、日本語版、ちゃんとダウンロードできます。

Google Apps 2011/5/10より無料枠が10人に

Gmail、Google カレンダー、Google ドキュメントなど、企業向けオンラインアプリスイートのGoogle Apps無料版の利用者が
5/10より、10人に制限されることになりました。

このルールが適用されるのは、新規利用の場合のみで、これまでの利用者は、今までの制限人数枠内で無料で利用可能です。

Googleからのメール

Google Apps をご利用中の皆様へ
先日、Google Apps 無償版における、最大ユーザ数の変更に関するアナウンスを行いましたが、現在ご利用中のお客様には、本変更における影響はないことをご連絡させて頂きます。
5月 10日より、企業や団体、組織等が、新たにGoogle Apps を利用し、10ユーザ以上のアカウントを作成するためには、無償版ではなく有償版である Google Apps for Business をご利用頂く必要がございます。
ただし、既に Google Apps 無償版をご利用中のお客様については、10ユーザ以上アカウントを(Google Apps利用ドメイン) に追加することができ、ご利用を開始された時点での最大ユーザ数の制限値を引き続き適用させていただきます。

※(Google Apps利用ドメイン) の部分は、実際に利用しているドメイン名が入っています。

一部、報道では、50人から10人に制限とありますが、これは、新規の場合の規約の変更です。
すでに利用中のユーザーの場合は、

利用開始時点での最大ユーザー数の制限値を引き続き適用させていただきます。

ということのようです。

ドキッとするお知らせでしたが、恐らく、問い合わせも多かったのだと思います。
引き続き、これまで通り、制限枠内で無料で使えます。
Googleより、既存ユーザー向けにお知らせメール届きましたので、安心です。

今まで11人~50人の場合でも無料だったのが、今回の変更によりその層も有料となってしまうため、
新規の利用を検討していた中小企業の中には、今回の変更によってGoogle Appsの導入を見送るところも出てきそうな感じはしています。

【Google Apps関連サイト】
http://www.google.com/apps/intl/ja/business/index.html

Yahoo!の東京電力、電力使用状況API

Yahoo!デベロッパーネットワークより、
電力使用状況API
が公開されています。

リクエストURL
http://setsuden.yahooapis.jp/v1/Setsuden/latestPowerUsage

PHPとGoogle Chart APIを使って電力使用状況を表示するツールを作ってみました。
電力使用状況

データ取得と表示部分のコードはこんな感じ

$url = "http://setsuden.yahooapis.jp/v1/Setsuden/latestPowerUsage"; // リクエストURL
$appid = "appid=*************"; // アプリケーションID
$reqUrl = $url."?".$appid;
$xml = simplexml_load_file($reqUrl);
$usage = $xml->Usage;
$capacity = $xml->Capacity;
$uc = round(($xml->Usage/$xml->Capacity*100));
// データの表示
echo $xml->Date." ".$xml->Hour.":00 現在<br />";
echo "使用量:".( $usage/10000 )."万kw<br />"; // 使用量
echo "供給力:".( $capacity/10000 )."万kw<br />"; // 供給力
echo "使用率:".$uc."%</br >"; // 使用率

Google Chart APIを使った使用率のグラフ表示は

<img src=”https://chart.googleapis.com/chart?cht=p3&chd=t:<?echo $uc?>,<?echo(100-$uc)?>&chs=500×200&chl=使用率(<?echo $uc?>%)&chco=02539e&chdl=使用率|供給余力” />

牛角上カルビ割引券

TSUTAYAで、DVD借りたら、

「クーポン当たりました!」

とのこと。

牛角上カルビ 29円券

肉ね。

牛角のサイトによると、
通常515円みたいだから。かなりお得。

これなら、このクーポンにつられて、牛角に焼肉食べに行ってしまうかも。

「牛角上カルビ」
あの!美食家ランキング30点満点第1位!
だそうです。

Google Maps JavaScript API V3の日本語ローカライズ

Google Maps Javascript API V3で、Maps API アプリケーションを日本語で表示するには

http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/documentation/javascript/basics.html#Localization
より

<script type=”text/javascript” src=”http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false&language=ja”>

のように、

「&language=ja」

を入れることで、日本ローカライズできます。

お遍路ルート探索マップβ版を作っていて、
http://www.ohenrosan.net/map/shikoku88map_route_search.php

経路情報表示が英語になるので、その原因を探っていたところ判明しました。

「&language=ja」を入れない場合


「Head south toward」「Turn right」というように経路情報が英語で表示されます。

「&language=ja」を入れた場合


「南へ進む」「右折する」というように経路情報が日本語で表示されます。

川の右岸と左岸

川

常識なのかもしれませんが、川、どちらが右岸で、どちらが左岸かなんてちゃんと考えてみたことありませんでした。

生まれ故郷が海文化のため、川に馴染みがないからでしょうか?

ランニング&ウォーキングを始めて1か月。いろいろな発見がありますが、その1つがこの

「川の右岸と左岸」

多摩川右岸

多摩川河川敷走っていて標識みて知りました。神奈川側が右岸で、東京側が左岸。

上流から下流へ向いたとき、右にあるのが右岸、左にあるのが左岸。

当たり前っちゃあ、当たり前ですね。

JINSで3,990円の眼鏡を買ってみた

川崎BE、4Fにある、JINSさんに行ってきました。

家用の眼鏡、もう、7,8年物で、息子が乳児の時代には、なめられたり、曲げられたり、
今では、塗装も一部剥げてしまったので、お試しでということで。

こういった、お手頃価格のめがね店、ずいぶん増えましたね。
LAZONAのZOFFやDICEのオンデーズ、アゼリアにもいくつかありますが、
均一価格をうたっているところでも、レンズの追加料金がいるところもあるとか。

JINSはそれがない(レンズ込みの値段)ということで、本当にお試し感覚で行ってみました。

1.フレームを選ぶ

まずは、フレーム選びから。今、Air Frame 100万本突破記念の3,990円での販売があり、
それに乗っかってみました。全体の価格帯は、3,990円~7,990円が中心?
品揃えはどうかというと、ZOFFなどと比べるとそれほど多いとは言えないですが、
私のように、多くの商品を前にすると選べなくなってしまうような人にとっては、
こちらの方がいいです。

2.申し込み

氏名、連絡先を申込用紙に記入。今回は、今持っている眼鏡から新しい眼鏡を作ってもらうので、
店員さんが度数の検査。
処方箋持参なら、処方箋から、ない場合も店内で測定してくれるようなので、
土日の混雑する時間帯を避ければ、そのままぶらりでも大丈夫そう。

3.レンズ選び

ここで、過去の経験では、レンズの在庫がなくて、受け取りに1週間かかるとか、
度数が高いので追加料金が発生するとか言われて、「えっ」みたいなことになっていましたが、
「あまり、度数も高くないですし、レンズの在庫見もあります。厚みなど調整しますので、本日お渡しできます。」
との回答。
テレビ東京の朝の経済番組に、社長が出ていて、レンズは、仕入先を絞って大量に仕入れているので、
安く、量も確保できるという話をしていたのを覚えています。

こういう、過去の商習慣や業界の常識などをぶち壊すといったことや、顧客本位のやりかたが
成長する会社にはあるのかなと思いました。

で、結局、今までは、レンズの見本を見せられ、よくわからないのに、
厚みはない方がいいとか、壊れにくい方がいいとか、反射が、、、みたいなことを
言われて、だんだん値段が高い方へ高い方へ持って行かれていたけど、
今回は、言われるがままで、数秒で即決。

4.受け取り

50分後に、受け取り。掛け心地やブレがないかなどの確認をしておしまい。
メガネケース、意味もなくゴールド選びました。

1~4までで約1.5時間。他の買い物ついでに購入でき、時間もお金をも節約できました。
私の場合は、コンタクトレンズと兼用ですし、メガネでおしゃれというのも
それほどまでは考えていないので、十分満足できました。