Google Adwordsのイメージ広告の各サイズと呼び名の個人的メモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いくつかのクライアント様のGoogle Adwordsの管理運用のお手伝いをさせていただいていますが、「テキスト広告」だけでなく、「イメージ広告」も合わせて表示する方が、クリック数、コンバージョン率がアップするという結果が出ています。

特にリマーケティング広告で、インパクトのあるバナーを表示するようにしておくとコンバージョン率もあがるという結果も出ています。

リマーケティング広告は、ユーザーの立場としては、たまたま一度、興味本位で訪れたサイトの広告は「しつこくつきまとわれている」とか、「うるさい」とかというような印象を持たれてしまうこともあるのですが、
広告を出稿する側で、最初に訪れてもらう時に、キーワードなどに注意して、うまくキャンペーンを分けて誘導するとかなり違ってきます。

※Google AdWords イメージ広告のサンプルページ

イメージ広告は、サイドバーやヘッダー・フッターのバナー、場合によってはFlashですが、制作する画像サイズにはフォーマットがあります。

種類も多いので、備忘録としてこの記事を投稿しておきます。

Google Adwordsでイメージ広告に出稿するために制作する画像のサイズ

サポートされている画像フォーマットは
gif、jpg、png、swf

なので、pngで作って管理、もしくは、Photoshopを使っているなら、psdで管理して、適宜書き出しするのが簡単。
(バナーのキャッチコピーやデザインは、効果を見ながら変えていく必要があるため)

サイズ google広告での名称 ファイル名を付けるなら
320 × 50 モバイル ビッグバナー hoge-mobile-big-banner.拡張子
468 × 60 バナー hoge-banner.拡張子
728 × 90 ビッグバナー hoge-big-banner.拡張子
250 × 250 スクエア hoge-square.拡張子
200 × 200 スクエア (小) hoge-square-small.拡張子
336 × 280 レクタングル (大) hoge-rectangle-large.拡張子
300 × 250 レクタングル hoge-rectangle.拡張子
120 × 600 スカイスクレイパー hoge-skyscraper.拡張子
160 × 600 ワイド スカイスクレイパー hoge-wide-skyscraper.拡張子

こんな感じで、名前で画像サイズや表示位置を関連づけさせて管理しています。hogeはサイト名です。

Google AdWords イメージ広告のサンプルはこちらです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.