アップデートの前にあらためてWordPressの動作環境を確認しておく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

連休中ということで、開発環境の整備やサーバーの移転、データのバックアップなどを行っている方多いみたいですね。

WordPressもバグフィックスやセキュリティアップデートしていますので、なるべく最新版を使いたいものです。

最新版のWordPressは、バージョン3.3.2が2012/4/21に公開されていますので、こちらにアップデートしましょう。

わぷー

最近あまり見かけないので公式キャラクター「わぷー」です。

WordPress3.3.2の動作環境は

・PHP バージョン 5.2.4 以上
・MySQL バージョン 5.0 以上

です。

私も関係サイトのアップデートを行っていますが、4,5年前にサーバーをレンタルして、その後サーバー会社が提供するPHPやMySQLのバージョンが上がっているものの、
他のサービスでも利用しているため、なかなか簡単にPHPやMySQLのバージョンを変更できない。
あるいは、WordPressで使用するバージョンは.htaccessファイルで設定できるものの、ユーザーの方では怖くて.htaccessファイルの変更なんてできないというお話もあります。

例えば、CPIさんで、すでに販売を終了している共有サーバーでWordPressを使っているクライアントさんがそうです。

今日、.htaccessファイルを書き換えて、Wordpressの管理ツールより、無事最新バージョン3.3.2にアップデート完了しました。

注意点としては
WordPress本体のために使用するPHPのバージョンを上げた場合、これまで使っていた、古いバージョンのプラグインやテーマが動かなくなってしまう可能性があります。
事前に確認をすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.