Mac OSに感染するマルウェア「Flashback」の削除ツール提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日投稿した、「全世界で60万台以上が感染。マルウェア「Flashback」の対策にJavaのアップデートを」では、脆弱性を修正したパッチのダウンロードでしたが、4/12にAppleは、Flashbackの削除ツールを搭載、OS X Lion 10.7に対応した「Java for OS X Lion 2012-003」と、Mac OS X 10.6に対応した「Java for Mac OS X 10.6 Update 8」を公開しました。

Symantecの調査では、Flashbackに感染したMacは4月6日には60万台に上っていたが、4月10日には38万台、4月11日には27万台程度へ減少傾向にある

としていますが、今回のパッチの適用は、ぜひ、すぐに実行する方がいいでしょう。

Mac OSのソフトウェア・アップデートを適用

デスクトップのアップルメニューから[ソフトウェア・アップデート]を実行します。

[詳細情報を表示]で今回のJavaのアップデートが適用されるか確認します。

内容を確認して、インストールを実行。※下記は、Mac OS X 10.6の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.