JINSで3,990円の眼鏡を買ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

川崎BE、4Fにある、JINSさんに行ってきました。

家用の眼鏡、もう、7,8年物で、息子が乳児の時代には、なめられたり、曲げられたり、
今では、塗装も一部剥げてしまったので、お試しでということで。

こういった、お手頃価格のめがね店、ずいぶん増えましたね。
LAZONAのZOFFやDICEのオンデーズ、アゼリアにもいくつかありますが、
均一価格をうたっているところでも、レンズの追加料金がいるところもあるとか。

JINSはそれがない(レンズ込みの値段)ということで、本当にお試し感覚で行ってみました。

1.フレームを選ぶ

まずは、フレーム選びから。今、Air Frame 100万本突破記念の3,990円での販売があり、
それに乗っかってみました。全体の価格帯は、3,990円~7,990円が中心?
品揃えはどうかというと、ZOFFなどと比べるとそれほど多いとは言えないですが、
私のように、多くの商品を前にすると選べなくなってしまうような人にとっては、
こちらの方がいいです。

2.申し込み

氏名、連絡先を申込用紙に記入。今回は、今持っている眼鏡から新しい眼鏡を作ってもらうので、
店員さんが度数の検査。
処方箋持参なら、処方箋から、ない場合も店内で測定してくれるようなので、
土日の混雑する時間帯を避ければ、そのままぶらりでも大丈夫そう。

3.レンズ選び

ここで、過去の経験では、レンズの在庫がなくて、受け取りに1週間かかるとか、
度数が高いので追加料金が発生するとか言われて、「えっ」みたいなことになっていましたが、
「あまり、度数も高くないですし、レンズの在庫見もあります。厚みなど調整しますので、本日お渡しできます。」
との回答。
テレビ東京の朝の経済番組に、社長が出ていて、レンズは、仕入先を絞って大量に仕入れているので、
安く、量も確保できるという話をしていたのを覚えています。

こういう、過去の商習慣や業界の常識などをぶち壊すといったことや、顧客本位のやりかたが
成長する会社にはあるのかなと思いました。

で、結局、今までは、レンズの見本を見せられ、よくわからないのに、
厚みはない方がいいとか、壊れにくい方がいいとか、反射が、、、みたいなことを
言われて、だんだん値段が高い方へ高い方へ持って行かれていたけど、
今回は、言われるがままで、数秒で即決。

4.受け取り

50分後に、受け取り。掛け心地やブレがないかなどの確認をしておしまい。
メガネケース、意味もなくゴールド選びました。

1~4までで約1.5時間。他の買い物ついでに購入でき、時間もお金をも節約できました。
私の場合は、コンタクトレンズと兼用ですし、メガネでおしゃれというのも
それほどまでは考えていないので、十分満足できました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.