iPhoneの標準アプリの赤目補正を使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TwitterやFacebookなどで、iPhoneで撮った写真をその場で、アップロードしたいときが多々あるのですが、
写真が気に入らなくて、結局、Evernoteでアップロード、PCでダウンロードして、Photoshopで補正、
そのデータをアップロードというようなかなり面倒なことをこれまでしてきました。

ですが、iPhone3GSやiPhone4/4Sで、iOSをバージョン5以上を使っていれば、
カメラロールの標準の画像編集アプリで、「画像の回転」「赤目除去」「トリミング」といった
簡単な画像編集が可能です。

今回、夜間に撮った息子の写真が赤目(正確には白なのですが)になってしまったので、その補正にチャレンジしてみました。

1.カメラロールの写真の一覧から編集する写真を選択

2.下のメニューアイコンの一覧で「赤目補正」ツールのアイコンをタップ

白目の少年。普段はとてもかわいらしい息子ですが、怖いです。さっさと修正しましょう。

3.赤目の部分をタップ

だいたいの多少いい加減な位置でタップしてもいいようです。

4.赤目が補正される

素敵になりました。右上の[適用]をタップして修正結果を反映します。

5.補正が完了したら、右上の[保存]をタップして、データを保存

保存しないとデータは残らないので、忘れずに[保存]をタップ。このとき、保存は上書き保存されるのでご注意を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.