Googleカレンダーでお天気を表示する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Googleカレンダーでお天気表示

プライベートや仕事のスケジュール管理にGoogleカレンダーを使っている方は多いと思います。

私もGoogleカレンダーユーザーで、自分の仕事のスケジュールだけでなく、家族のGoogleカレンダーのスケジュールも共有することで、お互いが忙しい中でも連絡漏れがないようにしています。

今年の夏はとても暑く、気温も高く、大型台風がやってきたり、最近では、天候不順が続いて気温も下がったりと、外出時のお天気や気温が気になります。


傘を持っていくか、いかないか。帽子をかぶるべきか。熱中症対策で飲み物を持って行った方がいいかどうか。

デフォルトでは、お天気の情報は表示されていませんが、設定を変更することで、翌日の天気や気温をGoogleカレンダー上でスケジュールと一緒に確認することができます。

お天気表示の設定方法

1.Googleカレンダーを開き、右上の歯車のメニューをクリックし、[設定]を選択します。

設定

2.「全般」タブの設定画面の下の方、「場所」に「神奈川県川崎市」のような場所の情報を入力、「現在地の天気を表示」で「天気を表示しない」を「℃」に変更します。

場所と天気の設定

4.最後に一番下の[保存]ボタンをクリックするのを忘れないように。

お天気の表示

お天気の情報は、タイムテーブルの右上にアイコン形式で表示されます。今日を含めて、4日分です。

アイコン形式で表示される

表示形式を「予定リスト」にした場合はこんな感じ。

予定リスト表示の場合

お天気アイコンをクリックすると最低/最高気温の確認もできます。

アイコンクリックで気温を確認

【関連記事】
今日は傘を持っていく?いかない?ゲリラ豪雨だ、どうしよう?東京アメッシュで雨対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.