Twitter

Twitter Bootstrapの習得にはドットインストール+公式サイトが最適

ドットインストール

最近にお気に入りのTwitter Bootstrap。その名の通り、Twitter社が開発しているCSSフレームワークです。

レイアウト(イマドキのレスポンシブデザインにも対応)、テーブルやフォームのボタンのスタイリング、ナビゲーション、メニューのユーザービリティの強化に威力を発揮します。

また、CSSでの記述なのでデザイン制作の作業の省力化にも効果があります。

CSSを理解している人なら、簡単に、短期間で習得できます。基本的な部分なら、おそらく、半日で大丈夫ではないかと。(※ツールチップやポップアップなど、一部でjQueryの知識もあるといい機能もあります)

とにかく、CSSを書けば、かっこいいボタンやメニューが設置できるので、次のような人にはおすすめです。

続きを読む

スクロールバー固定のTwitter Follow Badgeを設定してみた

Twitter follow me badge

ブラウザのスクロールバーに固定されて、ページをスクロールしても常に表示されるTwitterフォローのための縦型のボタンを設置しました。

いろいろな方がブログにも書かれているので、非常にいまさら感ありありなのですが、当サイト、強化月間ということで、書きます。
Twitter follow me badge

検索エンジンで調べたいけどキーワードがわからない

いきなりスタートでつまづきました。「Wordpress Twitter スクロールバー」、「Wordpress ツイッター バナー 縦」など、見当違いなキーワードで検索かけていたので、全く目的のツールにヒットしませんでした。
キーワードに「Wordpress」を含めていたのがダメだったんですね。

実際に貼り付けてあるボタンの字句をちゃんと見直して、「Wordpress」を検索キーワードから外して

「Twitter follow スクロールバー」

でヒット!

Go2web20.netさんのTwitterFollowBadgeを利用

Go2web20.netさんのTwitterFollowBadgeのWEBサービスを使いました。

Twitter Follow Badge Web site

「Twitter account」に自分のTwitterのアカウント。
「Label」は、初期設定では、「Follow us」になっているので、好みで「Follow me」など選びます。
「Color」はボタンの色で、直接入力するか、カラーピッカーを使って設定します。
「Side」はLeft(左側)か、Right(右側か)を選びます
「From top」はページの一番上からの表示位置です。

設定が終わったら、[UPDATE CODE]をクリックすると、下のテキストエリアに貼り付け用のコードが生成されます。

このコードをコピーして、自分のサイトの</body>の直前に貼り付けます。

WordPressのテーマの場合は、footer.phpの</body>の直前に貼り付けます。

これで、TwitterのFollowバッジが表示されるようになります。

このサイト以外にも国産では、HeartRailsさんが同様のバッジ作成サイト
HeartRails Badge
HeartRails Badge

がありますので、こちらを利用してもいいと思います。

このバッジを付けたところでTwitterのフォロワーが増えるかどうかは、、、ですが、これでまた一歩前進です。