API

大人買い商品の検索サイト「おとな買い計画ドットコム」リリースしました

突然ですが、大人買い・箱買い・まとめ買い・セット買い商品の検索サイト
おとな買い計画ドットコムリリースしました。

フリーランス転向後、何かオリジナルのWEBサービスの開発をしたいと考えていました。
「おとな買い計画ドットコム」は、その1stリリースです。

裏話というほどではありませんが、リリースにたどり着くまでのエピソードやサイトに込めた思いについて書いてみたいと思います。

続きを読む

今一度確認。Google Maps APIの利用上限

Internet Watchでは
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111028_487036.html
こんな感じで、さらりと、Google Maps APIの課金についてのニュースを扱っていました。

 米Googleは27日、Google Maps APIの利用者に対して課金する方法の詳細を発表した。
 Googleは、Google Maps APIの利用規約を今年4月に改定し、10月1日から同APIの利用上限を定めることを発表していた。
 現時点で利用上限を超過しても、即座に課金されることはない。利用者には、APIの利用状況を確認する期間が与えられる。その上で、利用上限を超えている場合には「2012年初めごろ」から強制的に課金されるとしている。その場合は、最低30日前に通知されるとしている。

じゃあ、「利用上限」って一体、何をどのくらい超えてしまうとダメなの?
ということで、Google Maps APIの利用規約を見直してみることにしました。
実際の利用規約ページは英語、文章も長いので、Google先生が要約してくれているAPIキー登録ページのご紹介です。

http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/signup.html

「Maps API を使用することで発生する 1 日あたりのページビューに制限はありません。」
「許容されるジオコード リクエストの数には、1 日あたりの上限があります。」

ということで、ジオコードのリクエスト数が問題の模様。更にリンク先を見ると、

1 つの IP アドレスから 24 時間以内に送信されるジオコード リクエストが 2,500 件を超える場合や、1 つの IP アドレスから送信されるジオコード リクエストの頻度が高すぎる場合、

とあります。ジオコード関係のAPIを叩いている場合は、利用状況を確認する必要があるということみたいです。

Amazon Product Advertising APIの仕様が変更に

Amazon Product Advertising APIの仕様が10/26に変更になるそうです。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/main.html?ref_=pe_9502_26347112

Associate Tag パラメータ: 全てのAPIへのリクエストにおいて、有効なAssociate Tagが必須。
有効なAssociate Tagを含まない全てのリクエストはエラーとなり、エラーメッセージが表示される。

SellerLookup, SellerListingLookup および SellerListingSearch はサポート終了。

ItemSearch リクエストの結果として返されるItemPage パラメータは、最大10ページまでに制限。

MerchantId パラメータは、オファー、バリエーションおよび検索結果の絞り込み要素としてのサポートを終了。

Offers および ItemAttributes レスポンスグループにおいて返されるデータは、最も頻繁に使用される属性に制限。

と、取得できるデータが制限、縮小になるという変更の模様。

Amazonさんより

仕様変更に先立ちProduct Advertising API開発者のみなさまに余裕を持ってご準備頂けるよう、実際の変更内容を体験頂く機会をご用意いたしました。
日程は下記となります:
■2011年10月19日(水)午後3:00 – 午後7:00
期間中は仕様変更後と同じオペレーションおよびレスポンスグループを体験頂くことができます。

との連絡をもらったので、試してみようと思う。