facebook

Facebookでリアルタイムフィードの友だちの「いいね!」「コメント」を非表示にする方法-PCサイト編

今回もFacebookを使っている知人からの相談です。

FacebookのPCサイトに右上に表示される新着情報欄、
リアルタイムフィード」と呼ぶようですが、友だちの最新の投稿をいち早く知るには便利な機能です。

しかし、友だちが増えてくると、一部の積極的に「いいね!」をする友人の更新情報に埋め尽くされてしまって、他の知りたい友だちの情報を見落としてしまうことがあります。

◯◯さんが××について「いいね!」と言っています

◯◯さんが××についてコメントしました

ひどいのだと、
◯◯さんが「いいね!」したことについて、「いいね!」と言っています。

リアルタイムフィード上の特定の友だちの「いいね!」や「コメント」の新着情報を非表示にすることができます。
続きを読む

スマートフォンのFacebookアプリで投稿を削除する方法

Facebookをスマートフォン用アプリで使っている人、かなりいますが、意外によく聞かれるのが、投稿を削除する方法です。

デスクトップ版Webアプリのように削除用のアイコン・ボタンが表示されてないので、削除できないかと思う方もいるようですが、実は簡単にできます。
続きを読む

同級生が思い出させてくれたFacebookの原点

休日は、ブログなども休みにして、オン/オフを切り替えているつもりなのだけれど、今日は、軽く書きたいことがあったので、自分のカタルシスのために。

Facebook、大好きで、仕事中でもタブに常時開いていたり、電車で移動中でも、ニュースフィードを追っかけたりしているのだけれど、ちょっと、依存症では?と思えたりもして。
簡単に自己分析すると、自分の知人の場合、仕事関係の人が多く、ITの新しい話題に敏感な人も多数。
自分が気になっているような分野、ソーシャルメディアだったり、スマホやWEB関連、プログラミング、デザインの情報をシェアしてくれるので、それを絶えず追っかけて、ときには、コメントも入れてというような感じ。

ちょっと、追われている感じもしていたところ、少し、考え直そうと思う出来事があったので、記しておく。
続きを読む

スマホ版Facebookアプリでタイムラインを使えるようにする方法(PCを使わない方法)

以前に、

スマートフォン用Facebookでタイムラインが適用されていない場合

を書いたのですが、その後、多くの方に、アクセスいただいております。ありがとうございます。

アクセス数ですが減るどころか、逆に増えていることから、きっと、まだ、多くの人がFacebookのスマホアプリでタイムラインを使えていないのだと推測します。

少し時間も経ちましたので、あらためて、スマホ版Facebookアプリでタイムラインを使えるようにする方法について調べてみました。
続きを読む

ソーシャルメディアを対立軸で語ることの違和感

Social Media Magazin
Social Media Magazin / some_communication

Facebook,Twitter,Google+などいわゆるソーシャルメディアに関して、
Google+の方が将来性がある、Facebookはリアルでのつながりがないとだめ、
Twitterの方が楽だなど、それぞれのいい点、悪い点を取り上げて、どちらの勝ち、負けで
終始している記事を見かける。

居心地の悪さを覚える。
続きを読む

Facebookのタイムラインを使い始める方法

Facebookの新プロフィールページ「タイムライン」が2011年12月15日開始しました。

タイムラインは、今までに投稿した近況、シェアしたリンク、アップした写真などが集まる、新しいプロフィールページです。
過去にさかのぼって、出来事、写真などをアップしていけば、立派な自分史にできるそうです。
いわゆるライフログの決定版になるのではないでしょうか?

早速、試そうと思って、Facebookの自分のページに開始ボタンを探したりしたものの、
見つからず、いろいろ探して、ようやく、たどり着きました。

続きを読む

Facebookのiframeページを簡単作成。involver「Static HTML for Pages」

2011/3/11より、Facebookが、Static FBMLによるタブ追加が出来なくなり、FBML形式からiframe形式へ変更になります。

iframe版のタブの追加試してみた方もいらっしゃると思いますが、
Appの登録など、プログラム、HTMLなどのWEB知識を持っていない方には、
非常にハードルが高いものになってしまってます。

ですが、Facebookの公式認定デベロッパー、involverから
簡単にiframeページを追加できるアプリケーション、
「Static HTMl for Pages」がリリースされましたので、
(Twitter for Pagesを利用していましたので、メールでお知らせが届きました)
早速導入してみました。

Static HTMl for Pagesは、無料のFacebookアプリケーションです。
http://involver.com/applications/
からインストールできます。

Involerのプレゼンスライド

【読了】『仕事で使える!Facebook超入門』(青春新書インテリジェンス)

仕事で使える!Facebook超入門 (青春新書インテリジェンス)
仕事で使える!Facebook超入門 (青春新書インテリジェンス)

タイトルが「仕事で使える」となっていますが、業務ツールとして日々の作業を効率化してくれるものではなく、
「企業のマーケティングツールとして活用できる」という意味合いでの「仕事で使える」だと思います。

Facebookの話題は、いろいろな人との間で出ていて、私も始めたばかり。
http://www.facebook.com/watanabe.katsuya

何に使えるの?どういう目的で使うというの?

といった部分が、実際の細かな操作方法ではなく、
それ以前のところで、よくわからないという意見がほとんど。

私もそういう懐疑的な部分をもっていたこともありましたが、
そういう疑問に1つの答えを出してくれているのが本書です。

「どういう人が使えばいい?何のために使えばいい?」

と疑問のお持ちの方は一読の価値があると思います。

<第1章>
レディー・ガガ、ビル・ゲイツ・・・も活用中
なぜ「Facebook」が注目されているか?

<第2章>
すぐに使える!面白い!
「Facebook」でこんなことまでできる!

<第3章>
人脈づくり、情報収集、自己ブランディング・・・
「Facebook」であなたの仕事が変わる!

<第4章>
リーバイス、H&M、ホリプロ・・・
Facebookマーケティング

私のようなフリーランスの場合、第3章の自己ブランディングは非常に大きな要素。
また、仕事のとっかかりは、個人的なつながりだったりもするので、
そこに利用価値を見出すことができます。

Fadebookは、Twitterやmixiとの比較もされること多いですが、
企業マーケティングの場合、どれか1つということでなく、どれも必要。
ターゲットに合わせて、極め細やかに行き届くブランディング、戦略が必要ということ
納得しました。

昔、メディアミックスというキーワードがありましたが、まさにそれに相当するのではないでしょうか?
筆者が当書籍を出版するということは、オンライン、電子媒体以外のメディア、紙媒体も活用し、
あらゆるターゲットへ情報を提供していく。
そういう考え方での利用を自分なりに考え、実践していきたいと思います。

関連サイト

筆者のFacebookページ:http://www.facebook.com/ogawakazuhiro
オガワカズヒロWebサイト:http://ogawakazuhiro.com/

個人的に気になったキーワード

O2O(Online to Offline)
排他性
SMM