書籍

読了『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる』

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

佐々木 俊尚 (著)
¥945
ちくま新書

2010/12/22の私の投稿
情報のキュレーター
にも書きましたが、情報過多な現在において、大量の情報に流されないよう、
情報に対するあらたな、あるいは、独自の重み付けや視点、フィルターを置くことで、
各個人の理解を助ける役割ができないかと思っています。

佐々木俊尚氏の『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)』、
独自の【視座】の重要性、情報の送り手としても受け手としても重要。
それによって、自分や他の誰かの生活や将来・人生までも変わってくるということ。

今回の震災に関する情報についても実感しています。
震災当日、Twitterを活用して、親しい人の安否確認には非常に役立ちましたが、
その後、日々流れてくる、裏の取れていないRT、デマの拡散は、
情報収集の上で、大きなノイズとなってきました。

しかし、この【視座】というキーワードで、
その情報は誰から発信されたものか?
どういう意図で発信されたのか?

それを追っていくことで、情報の正しさの確認や、
ミスリードを避けることできていると思います。

情報の伝達において、
「〇〇だ」
「〇〇だそう」
「〇〇と思う」
は、全く違うもので、情報を発信する場合は、それを気を付けないと、
大きな誤解を生む可能性があると思います。

怖いなと思ったのが、TVを観ていると
実は、一部でしかないのに、それをさも全体であるかのような伝え方をしていることがある。
センセーショナルな表現をすれば、それで注目を浴びることはできるけれど、
それが恐怖心を煽ったり、パニックを引き起こしたりしたとしても
それに関して、責任を取ることもなく、数日後、手のひらを返すように
「買い占めはやめましょう」などと言い出す始末。

話がズレてしまいましたが、【視座】に気をつけながら、発信者としても受信者としても
行動することが重要と思っています。

スーパースターを生み出すまではいかないまでも、
埋れている素晴らしい、こと・もの・人、
自分なりの視座で、少しずつでも伝えていけたらと思います。

第一章 無数のビオトープが生まれている

第二章 背伸び記号消費の終焉

第三章 「視座にチェックインする」という新たなパラダイム

第四章 キュレーションの時代

第五章 私たちはグローバルな世界とつながっていく

<関連サイト>

私にとって佐々木氏も重要な視座の一つです。
Twitter:@sasakitoshinao
Facebookのノート:https://www.facebook.com/notes.php?id=153481388015283
本書の参考文献がまとまった本棚(ブクログ):http://booklog.jp/users/curation

<気になったキーワード>

記号消費、機能消費、視座、ビオトープ

【読了】『仕事で使える!Facebook超入門』(青春新書インテリジェンス)

仕事で使える!Facebook超入門 (青春新書インテリジェンス)
仕事で使える!Facebook超入門 (青春新書インテリジェンス)

タイトルが「仕事で使える」となっていますが、業務ツールとして日々の作業を効率化してくれるものではなく、
「企業のマーケティングツールとして活用できる」という意味合いでの「仕事で使える」だと思います。

Facebookの話題は、いろいろな人との間で出ていて、私も始めたばかり。
http://www.facebook.com/watanabe.katsuya

何に使えるの?どういう目的で使うというの?

といった部分が、実際の細かな操作方法ではなく、
それ以前のところで、よくわからないという意見がほとんど。

私もそういう懐疑的な部分をもっていたこともありましたが、
そういう疑問に1つの答えを出してくれているのが本書です。

「どういう人が使えばいい?何のために使えばいい?」

と疑問のお持ちの方は一読の価値があると思います。

<第1章>
レディー・ガガ、ビル・ゲイツ・・・も活用中
なぜ「Facebook」が注目されているか?

<第2章>
すぐに使える!面白い!
「Facebook」でこんなことまでできる!

<第3章>
人脈づくり、情報収集、自己ブランディング・・・
「Facebook」であなたの仕事が変わる!

<第4章>
リーバイス、H&M、ホリプロ・・・
Facebookマーケティング

私のようなフリーランスの場合、第3章の自己ブランディングは非常に大きな要素。
また、仕事のとっかかりは、個人的なつながりだったりもするので、
そこに利用価値を見出すことができます。

Fadebookは、Twitterやmixiとの比較もされること多いですが、
企業マーケティングの場合、どれか1つということでなく、どれも必要。
ターゲットに合わせて、極め細やかに行き届くブランディング、戦略が必要ということ
納得しました。

昔、メディアミックスというキーワードがありましたが、まさにそれに相当するのではないでしょうか?
筆者が当書籍を出版するということは、オンライン、電子媒体以外のメディア、紙媒体も活用し、
あらゆるターゲットへ情報を提供していく。
そういう考え方での利用を自分なりに考え、実践していきたいと思います。

関連サイト

筆者のFacebookページ:http://www.facebook.com/ogawakazuhiro
オガワカズヒロWebサイト:http://ogawakazuhiro.com/

個人的に気になったキーワード

O2O(Online to Offline)
排他性
SMM